投稿日: Jul 25, 2020

ICHI MARU ICHI

MONO BOOK / THE FUTURE CLUB #01 が入荷しました。

道具は使われてこそ完成する、と思う。
それはなにもクラフトに限らず、100均で何のこだわりもなく手に入れたプラスチック製品かもしれないし、またある人にとってのフォントやAPIのようなものだったりするのかもしれない。
勝手がわかりきっていて、まるでそれが答えであるかのように代替できない、あるいは代替しようという考えに至らないものがある。
それら道具とユーザーの、時間と修練的/対話的所作によって研ぎ出された川石のような美や霊性に、古の日本人は八百万の神を見ていたのかもしれない。
手にしたそれらがなにものであるのかに五感を傾け、なにかしらの愛しさを見出し愛でていくというシークエンスは、僕らがサステイナブルな2030年へとたどり着くための鍵となるだろう。
お問い合わせ
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。