最新情報

オンラインショップを開設いたしました。
12/31まで、オンラインショップでお買い物すると5%OFF(1回のみ)になるクーポンがご利用いただけます。購入手続きの際、クーポンコード【 shop2019thanks 】を入力してください。
お店では買えないものも並びますので、たまに覗いてやってください。

Buy

よく尋ねられますが、雪入道にはこれといって機能や役割がありません。見張り番でも魔除けでもなく、ただそこにいる異界の存在です。
もちろん乱暴に捕まえて振り回したりすればケガをすることもあるでしょうし、疲れた時に目が合って思わず笑ってしまうこともあるでしょう。
森や土を離れ、消毒された壁の内側に安息を求めた現代日本の孤立社会にとって、他者の存在や自然への畏怖を感じながら生活することって、なかなか得難い価値なのではないかなと思います。
まずはおうちに一体、住まわせてあげてください。

最近、お取り扱いさせていただいている製品をひとつひとつご説明していると、大抵最後は「愛がすごいんですよ」ってとこにたどり着いてしまって。
ああそうか。愛なんだよ、愛。ってすごく腑に落ちたんです。
実直で不器用で、でもそれは決して胸焼けしちゃうような重苦しいものではなくて、ほんとにさりげなくそっと隣に寄り添うような愛。
本もまた、愛に触れられるとてもいい媒体だなぁと感じています。

筒井時正玩具花火製造所さんの愛がぎっしり詰まった花火が届きました。

愛は一朝一夕で生まれるものではなく、歴史や文脈を丁寧に味わい楽しみ慈しむことによって育まれてゆくものだと僕は思っています。
筒井さんの花火には、そんな愛を強く強く感じるのです。

たとえば線香花火が「線香」花火である理由を知っていると、火を灯す瞬間、350年くらいの時間を飛び越えて当時の人々の心と共振することができます。
たとえば江戸時代に手に入った材料だけでつくられた花火と、明治以降手に入るようになった材料でつくられた花火をそれぞれ試すとき、維新の風を感じることができるかもしれません。

ふたたび時代をまたいだこの夏...

詳細

堀内果実園のドライフルーツが入荷しました。

口の中で甘くみずみずしい果実が復元されていく感覚は、まさにタイムトラベル。日本茶とあわせてお楽しみいただきたい逸品です。
連休後半はお茶の間でしあわせな時間旅行をいかがでしょうか。
今月後半の入荷予定でしたが、連休に間に合わせてくださいました。この機会にぜひお試しくださいませ。

まさかのど忘れです。
記念すべき一周年から既に5日が経過しておりました。

みなさんのおかげで一年なんとかやってこられました。
恥ずかしくなるような未完成の初日から、ひたすら実験と試行錯誤の毎日でした。
今後も変わらぬ日々を丁寧に積み重ねてゆきたいと思います。
まだ商いというには程遠く、営みというには覚束ない未熟な我々ですが、今後も仲良くしていただけたら幸いでございます。

さて、本日から5/6まで無休で営業いたします。このお休みに、ぜひ遊びにいらしてくださいませ。

大好きな nice things. 5月号〈旅をする木 家具と日用品〉が届きました。

nice things. は手間を惜しまずとても丁寧に作られた良誌です。
毎号テーマに沿って美しい言葉で切り出される風景は、旅をしてしか感じることのできない気配や湿度のようなもので満ちていて、雑誌あるいは月刊誌という消費的な括りは似つかわしくないように思います。

親子で共有できるという意味でもとても価値の高い書籍だと思います。月に一度、家族で語り合うきっかけにいかがでしょうか。

d design travel が入荷しました。

d design travel はその土地で生まれ長く親しまれ続けているものを「ロングライフデザイン」という文脈で深掘りし、肌身で実際に感じとった物語を丁寧に綴ったトラベルガイドです。
長期連休を控え、旅行の計画を立てられている方も多いと思います。一斉にお休みしてお祭り騒ぎのような賑わいに身を投じるのも一興ですが、まずはお家でじっくりと各地の物語を咀嚼して、世間の喧騒が落ち着いた頃、実際にその目で確かめ歩いてみるのも旅のひとつの形かなと思います。

まずは身のまわりから、知ってるようで知らないまちの魅力について掘り下げていただけたらと思...

詳細

新刊書籍の取り扱いがはじまりました。

まずは僕たち子育て世代や、子供たちに読んで欲しいなと思った本を中心にセレクトしてます。
古本屋や図書館としてのあり方も模索しましたが、著作者や出版に携わる人たちにちゃんと還元する形でありたいと思い、新刊で取り扱うことにしました。

この時代にあえてお店で本を買う理由は、いつ、どこで、誰から、誰のために買ったか、といった思い入れが添えられるからかもしれません。
僕たちは、僕たちがひとりでも多くのひとに読んで欲しいと思う、思い入れの深い本を仕入れます。ここで買った本をきっかけに、毎日が少しだけ良い方向に変わったらいいな、という願いを込めて並べます。そし...

詳細

クチコミ

3 週間前
飲み物と食べ物、美味しくてオシャレでした。元旦、他に営業しているお店がない中、こちらだけは営業されていました。妻もにっこりでした。感謝!
- Yuta G
4 か月前
ガッタンゴーの奥にある古民家で営まれているカフェです。ノスタルジックでゆったりとした時間を過ごす事ができ、ときおり近くを通るガッタンゴーの音に何とも言えない郷愁の感を呼び起こされます。 どの方にも優しく接して下さるお姉さんの笑顔に癒され、ここに居ていいんだという安心感も生まれます。 カフェだけでなく、ちょっとした個性あふれる雑貨も売られており、こちらもみる価値アリです。 ただ独り占めしたいくらいステキな場所なので、有名になってしまうのもな。。。笑
- T G
2 か月前
コーヒーがとてもおいしかったです。古民家の落ち着いた雰囲気が最高!漆塗りのコーヒーカップもなかなかよかったです。
mミエコ

遊びと、仕事と、生活と。

ここにあるのは、わたしたちの日常です。
遊び、仕事、生活を分断する境界線を取り払い、心の底から楽しいと言えることと、胸を張って好きだと言えるものだけを詰め込んだ、ごくあたりまえであるべき日常の一例です。

漆塗りのボウルでカフェ・ラテを飲みながら、凝り固まってしまった毎日を解きほぐしてあげてください。
畳に寝っ転がって、あの本のあの言葉の意味を振り返ってみてください。
山椒のシフォンケーキを頬張りながら、お連れさまにいつもは言えない心のうちを告白してみてください。
プレゼントを選びながら、どちらがいいですかね、なんてお隣の方とお話してみてください。

時にはお待たせすることもあると思います。
手が足りない時にはお手伝いをお願いするかもしれません。
そういう時間も一緒におもしろがって、ついつい遊びに来ていただければ幸いです。

お問い合わせ

お問い合わせ

今すぐ電話
  • 070-1466-7805

住所

ルートを検索
日本
〒5061147 岐阜県
飛騨市神岡町東雲325番地2

営業時間

月:11時00分~16時00分
火:定休日
水:定休日
木:11時00分~16時00分
金:11時00分~16時00分
土:11時00分~17時00分
日:11時00分~17時00分
お問い合わせ
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。